誰でも出来る万能ツボ押し。
天迎香(てんげいこう)を押すだけで、脳の血流が増して病気は治る。

多くの難病も改善した奇跡の急所!

私が小鼻の両脇にある人体の急所「天迎香」を発見したのは約25年ほど前のこと。
私自身が花粉症に悩まされていた時「迎香」というツボを押して花粉症の症状を抑えていました。
「迎香」というツボでは花粉症が100%改善できていなかったので、押す場所を少しずらせたり、押す角度を変えたりしてもっと良い押し方を探していて見つけたのが「天迎香」のツボでした。
初めは自分の花粉症の症状改善に押していただけだったのですが、私のカイロプラクティック院に通われている患者さんにも花粉症の方が多く、軽い気持ちで勧めたところ、花粉症だけでなくそのほかの症状まで改善していくのを目の当たりにしたことが「奇跡の急所」に気づくきっかけでした。

難病から生活習慣病まで改善します


これまで私が天迎香を利用して改善に実績のある症状は、パーキンソン病や脳梗塞の後遺症といった脳に関する症状から高血圧や糖尿病などの生活習慣病、五十肩、坐骨神経痛、腰痛、股関節痛、ひざの痛みといった身体の痛み、関節リウマチや耳鳴りなど難病まで広範囲に及びます。
最近では天迎香を使って発達障がいの改善にも取り組んでいますし、初期の認知症の改善や予防にも効果があることが解ってきました。

また病気ではありませんが受験生の記憶力がアップしやる気が起きる、スポーツ選手の集中力が増してイメージ通りの動きができる、
オフィスでパソコンに向かっている人の眼精疲労や肩こりの軽減にも効果がある、睡眠前に押すことで脳がリラックスできてよい睡眠がとれる、起床時に押すことで1日のスタート時の活力が湧いてくる、などの声もいただいています。

まさに天迎香は身体を万全にする奇跡の急所なのです。

病気の根本的な原因は身体のゆがみ

私は柔道整復師(整骨院開業資格)、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格を取得し、カイロプラクティックを専門に50年間施術しています。
カイロプラクティックでは背骨や骨盤、頭蓋骨の構造的 機能的なゆがみが、すべての病気の根本的な原因になっていると考えます。
本来、全身の骨、筋肉、関節などでバランスをとるべきところが、身体がゆがむことで、一部に過剰な負担がかかり、障害を起こします。
また、この中を走る神経や血管が圧迫され、様々な機能低下を招きます。

病気の根本的な原因となる身体のゆがみは天迎香を刺激して
次の3つのアプローチで解消していきます。

①脳を活性化する


脳は生命活動のおおもとであり、すべての身体の動きをコントロールする司令塔です。
脳が活性化すれば脳がつかさどる臓器や器官の働きも良くなっていきます。
天迎香を刺激すると、脳の酸素量が増えて脳の活性が高まることが、光脳機能計測装置NIRSという計測器とTMS(経頭蓋的磁気刺激法)という方法で確認されています。
脳の血流が増し、脳の緊張が取れると、筋肉の過剰な緊張もほぐれてきます。
特にパーキンソン病などが顕著に改善しているのは、脳の活性化への効果が関係していると、私は推測しています。

②筋肉をゆるませる


天迎香を押すと、瞬時に身体の柔軟性が増します。
身体が硬くて前屈したときに手が床に届かない人でも、天迎香を押しながら前屈すると指が床につくようになることは珍しくありません。
足を組む、横向きで寝るなどの普段の姿勢の癖などで、筋肉のバランスがくずれると、筋肉に支えられている骨格もゆがみます。
くずれたバランスをリセットするために、筋肉をゆるめることが重要です。

③身体のゆがみを解消する


自分の顔写真をよく見ると、両目の高さや頬の大きさが違っていませんか。
こうした顔の左右差は頭蓋骨のゆがみが原因ですが顔だけの問題ではありません。
身体の軸がゆがんで、重心が左右どちらかに片寄っている証拠でもあるのです。
天迎香を押すと、身体全体のゆがみが改善していきますが、特に顔の左右差が修正されることが大学の研究機関と行った実験で確認できました。

ゴッドハンドとしてテレビ取材も!

2014年5月にTBSテレビ「Gメン99」の99岡村隆史さんとタレントの山田孝之さんが当院を訪れ、天迎香の取材を受けました。

天迎香の押し方

天迎香のツボの位置


①机など平面で、人さし指と薬指の長さをそろえる。
②小鼻の際で、上の歯ぐきの付け根にある天迎香を斜め上方45度にごく軽く押す。
そのまま3回深呼吸をし、その後は通常の呼吸で、計2分間押さえ続ける。
はじめのうちは1時間毎に1回、起床時、朝・昼・夕の食後、就寝前の1日5回行うのが効果的です。

脳リラックス(マウスピース)


天迎香は口の中にあるツボなので、指では的確に押し続けるのは大変です。
そこで角度や押す力が誰でも的確に押せるように開発したものが脳リラックスです。

脳リラックスの効果をチェックする方法として、通常の状態で立って前屈してどこまで曲がるかかを確認し、次に天迎香を装着し、前屈して差を見てください。
また、確実に天迎香のツボを押す事ができるマウスピースをご用意しています。

脳リラックスの使い方


脳リラックスの裏面には3本の溝があります。
口の中に脳リラックスを入れ、下の歯を引っ掛ける場所で天迎香を押す力を調整します。

口に入れて溝に下の歯を掛け、歯でソフトに噛みます。ツボに軽く触れる程度の刺激が効果的です。

装着しましたら、そのまま3回深呼吸をし、その後は通常の呼吸で計2分間押さえ続ける。

初めの2週間は1時間ごとに1回、その後は起床時、朝昼夕の食後、就寝前の1日5回以上、行うことが効果的です。

脳がリラックスする仕組み

光脳機能計測装置(NIRS)で頭上皮から安全な光を当てるだけで、脳がどのように酸素を使ったのかを計測することができます。その最先端技術で血中の酸化・脱酸化ヘモグロビンに反射した光を検出することで、脳内の酸素供給や酸素消費の状態を数値化した画像として知ることができます。
脳リラックスを装着したときに、脳の酸素状態がどのように変わるかを実験することで脳に与える影響を科学的に検証することができます。



脳リラックスを装着するだけで、脳に新しい酸素が供給されます

①運動系に関連する脳領域(頭頂部)


脳リラックスの裏面には3本の溝があります。
脳リラックスを1分間装着しただけで、運動系脳領域や頭頂領域を含む広範囲で高酸素化し、未使用のきれいな血が脳をめぐり、脳リラックスを外した後も、高酸素効果が持続したことが解ります。
運動系脳領域は体中の筋肉や体の動きをつかさどり、頭頂領域は体のバランスをコントロールする脳部位です。つまり脳リラックスは、身体の動きやバランスをつかさどる脳領域に働きかけ、脳のリラックスを助けます。

光脳機能計測装置(NIRS)の原理を開発した脳科学者、医学博士の加藤俊徳先生はこのデータ計測ですごく興味を持たれ驚きの発言をしました。

「今まで研究してきた中で脳を活性化できるものはいくつかありますが、脳をリラックスさせるものは、心地よい音楽を聴くか睡眠しているとき以外は脳をリラックスさせることはできない。物として脳をリラックスさせるものはこの世にない」と驚かれていました。

②思考に関連する脳領域(前頭部)

③言葉や簡単な記憶に関連する脳領域(側頭部)


脳リラックスは、脳領域の酸素状態を広範囲に変える働きをすることが科学的に明らかになりました。
脳リラックスをたった1分間装着するだけで、まるで脳をマッサージしたように、血のめぐりが良くなりました。

難病から生活習慣病まで幅広く改善

  • パーキンソン病
  • 線維筋痛症
  • 関節リウマチ
  • 脳血管障害の後遺症
  • うつ病
  • 脳性マヒ
  • 発達障がい
  • 脊髄小脳変性症
  • てんかん
  • めまい
  • 鎮痛効果
  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 座骨神経痛
  • 五十肩
  • 肩こり
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 不眠症
  • 顎関節症
  • 眼精疲労
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • 更年期障害
  • 冷え性
  • 頭痛
  • 自律神経失調症
  • 生理痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 胃下垂
  • 猫背
  • 膝痛
  • 魚の目
  • 集中力アップ
  • 記憶力アップ
  • 運動能力アップ
  • 瞬発力アップ
  • 筋力アップ
  • やる気が出る
  • 姿勢がよくなる
  • 顔のゆがみが治る
  • カラオケが上手くなる
  • 咀嚼力アップ
  • 嚥下力アップ
  • 寝付きがよくなる
  • 熟睡できる
  • 疲労回復
  • 寝起きがよくなる
  • リハビリ訓練用に
  • 柔軟性アップ
  • 体幹がよくなる
  • 速く走れる
  • 速く歩ける
  • 視界明瞭
  • 物忘れ改善
  • 痴呆の防止に
  • O脚が治る
  • X脚が治る
  • つまずきの改善
  • 脚のむくみの改善

萩原秀紀

1949年、横浜生まれ。
柔道整復師、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師
萩原カイロプラクティック院長
(株)自然治癒力活性医学研究所 代表取締役
一般社団法人 難病治療研究協会 理事長

蘇生の急所である「天迎香」を口腔内に発見し、そこを的確に刺激するためのオリジナルマウスピース「脳リラックス」を開発。脳機能改善のための施術を行っている。

脳リラックスで変わった!~お客様の声


肩こりがひどく、長年の悩みでした。東急ハンズの実演販売で「天迎香」の存在を萩原先生に教えてもらい、毎日刺激するようになって1ヶ月。肩こり独特のドーンとした重さが無くなり、軽くなりました。感謝です!」(44歳・女性)


2ヶ月装着しました。手すりにすがらないと歩けなかったのですが、階段の昇り降りが楽にできるようになりました。動作が軽くなり、若返ったようです」(73歳・男性)


顔が左右でアンバランスなのを気にして、小顔矯正に通ったりしていました。友達の紹介で「脳リラックス」を使ってみたら、眉の位置・目の高さが左右で揃ってきました!さぼらずに続けたいと思います」(29歳・女性)